TOP

風俗に行くとなぜか落ち着きます。そんな私のまったり風俗体験談です。

デリヘル嬢のタイツにそそられたんです

この前は割と久しぶりに鶯谷のデリヘルのお世話になりました。自分の風俗のスタイルはどちらかといえば鶯谷まで行ってお店でお世話になることが多いんですよね。でもその日はいろいろとタイミングやシチュエーションがあったものですから、デリヘルを楽しんできたんです。
デリヘルは女の子が私服なのがいいですよね。風俗店では女の子の私服を見ることが出来ないことを考えれば、そこも立派なデリヘルの魅力と言ってよいんじゃないかなと思うんです。
そしてその日の相手のデリヘル嬢はMちゃん。可愛い雰囲気の女の子でしたけど、彼女はタイツを履いていたんですね。タイツくらい珍しくも何ともないとは思いますけど、なぜか彼女のタイツがとても色っぽく思えたんです。それはきっと、彼女が美脚だったからなんじゃないかなと思うんですよね。あの美脚のおかげでタイツが映えるというか、よりセクシーなものに見えたんですよね。それで大きな興奮をもたらしてくれたんじゃないかなと思うんです。もちろんタイツだけではなく、彼女自身もとても魅力的な女の子だと思いますけどね。

男の自信になる鶯谷の一戦だったかも

鶯谷での彼女との一戦は自分にとって忘れられないものになったと思います。風俗やデリヘルでは攻める方が多いんですけど、女の子をイカせたことはありませんでした。女の子は男のようにシンプルではないので、イっていないからといって気持ち良くなかった訳ではない、これは鶯谷のデリヘル嬢から何度も説明されたことではありますが、それでもやっぱり一つの形としてイカせたいって思っていたんですよね。
でもこの前それがようやく実現しました。それが前回の鶯谷のデリヘルだったんです。力みつつも、あまり力任せになってはならない。どこかのテクニシャンの言葉は自分の格言でもあります。だからあまり女の子相手に力強さだけで勝負するんじゃなくて、マイペースに。そして指ではなく腕に力を入れる。それを実践していたんですけど、それを愚直に行っていたらようやく彼女がイってくれたんですよ。風俗というか、人生で初めて女の子をイカせた瞬間でもありました。
あの時の感動は自分でも鮮明に覚えていますし、何より次のデリヘルに繋がる自信になりました。